EDWORD

1950年代から60年代は眼鏡の製造技術は低く、ブリッジパーツは4点で固定し強度を出していました。 新しいメタルのモデルは、この4点どめのブリッジ構造を採用し、クラシックながら特徴のあるデザインを作り上げました。フレームは強度の高い、高純度のチタン素材を採用していますので、ホールド感が 高く、安定した掛け心地があります。EDWARDはレンズの形が王冠のようなクラウンパンドン型で、かける人から深みのある大人の印象を引き出します。

フレーム価格:48,000円[税別]
※日本製/鯖江産

EDWARD_F

COLOR : F SIlver/Black Leather